広告

X-E3を買ったらまず行いたいISO設定について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

X-E3を買ったらまず行いたい設定があります。

それはずばり、「ISOのAuto設定」です。

これを行っていないと、暗いところでの撮影でぶれぶれの写真を連発することになりますよ。

かといって毎回ISO設定を変えるのもくそめんどくさいと思うので、自動で周囲の明るさに応じてISOを自動で変更してくれるようにしましょう。

そしてその初期設定の数値幅が狭すぎるので、広くしてあげる設定方法となります。

自分も最初この変更方法がわからず苦労しましたので・・・



そもそもISOってなに?

そもそもISOってなんなの?って方もいると思うので、簡単に要点だけ説明します。

ISO感度(「いそ」と読みます)は暗がりで撮影する際の設定で、ISOの数字が大きいほど、暗闇でも早いシャッタースピードで撮影ができます。

カメラは、

レンズの明るさ(レンズのF値が大きいほどくらくなる)
×
シャッタースピード(早いほど暗くなる)

の掛け合わせで写真の明るさが決まるので、暗いところでは、

より明るいレンズ(F値を小さく)で、シャッタースピードを遅くすることによって、撮影を可能とするのですが、シャッタースピードが遅くなると、ブレた写真になってしまいます・・・
(暗いところで「うまく写真撮れない!」ってなったことありません?)

そこで!!このISO感度の数字を高くしてあげると、レンズが暗かったり、シャッタースピードが速くなっても、綺麗に写真が撮れるようになるのです!!(シャッタースピードを稼げる、なんて言いますね)
そうすることで、暗いところでも手ぶれしにくくなります。

なので、暗い時にはISO感度を小さく、暗いところでは大きく設定しなくてはならんのです。

ISO感度を自動でカメラにに判断してもらう

毎度ISO感度変更するのめんどくさいじゃないですか?なので、カメラに自動で判断してもらうことができますよと。
しかしその範囲が初期だと狭すぎるので、広く設定しましょう!というお話なのです。

ちなみにISO感度が高すぎると、写真がザラザラした感じになり、画質が落ちます。
なので、あんまり上げるのは良くないのですが、このX-E3、なかなか素晴らしい性能ですので、

・ISO200〜12800

までは上げて良いと思ってます。自分はそう設定しています。
画質にこだわるなら、ISO200〜6400、ISO200〜3200とかでも良いですが、
本当にちょっと暗いと手持ちで撮影できなくなっちゃいます・・・。



実際の設定方法

さてさてようやくここまできました。
実際に設定する方法について説明します。

1.液晶画面にて、上から下にフリック


液晶画面にて、上から下にフリックすると、感度の項目が開きます。
(タッチパネルがあまりいけてないので、シャッター切っちゃうケースがあります。その際は右上の指のボタンをオフにしてしまいましょう。アイコンを何度か押すとオフにできます)

2.感度の項目より1番下の方のAUTOを選択する。


感度の項目の中から、1番下の方にあるAUTOを選択してください。
AUTO1〜3までありますが、どれでも好きなやつで大丈夫です!
OKボタンかスティックの右で進みます。

3.上限ISO感度を「12800」に


3項目出てくると思います。
・基準ISO感度
・上限ISO感度
・低速シャッター限界
です。

ここを、
・基準ISO感度:200
・上限ISO感度:12800
・低速シャッター限界:1/60

に変更して確定します。

おめでとう!暗所に強いX-E3の完成です!


これで、自動でその場の暗さに応じて、
ISO感度を200〜12800の範囲でカメラが設定してくれるようになりました!
これで日常の場面でそう困ることはないでしょう。めでたしめでたし。

画質にこだわりたかったりするなら、
・ISO200〜6400
・ISO200〜3200
とかを別のAUTOに登録しておけば、その時に応じて変更できますよね!

これ、初心者だとわからず、「なんかこのカメラ暗いとブレるんよね」となってしまうと思うので、「そんなことはない!設定次第やで!』と強く言いたいです!

では!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする