広告

<カメラ比較>中目黒の桜をEOS80DとX-E3で撮ってきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、本当はチェロの練習に行かなくてはならない日で、準備も完璧で家出たのだが・・・
あまりの天気の良さと、桜満開のタイミングということもあり、
「引きこもってチェロなんて弾いてたらもったいない!!」
ということで急遽中目黒に桜を見に行くこととなった。

今回は、キヤノンと富士の2台持ちで行きます。



カメラとレンズの紹介

・本体:キヤノン EOS80D
・レンズ:EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM

EF-S18-135ISUSM キヤノン EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM ※EF-Sレンズ(APS-Cサイズ用) [EFS18135ISUSM]【返品種別A】【送料無料】


・本体:富士フイルム X-E3
・レンズ:XF35mmF2 R WR

の2つを持って撮影し比べてみました。
(写真の下にカメラ名入れていきます)

場所は、中目黒です!!
(FUJIFILM X-E3)

さすが桜の名所、人がやばい

さて、東横線車両内、すでに危険な雰囲気漂ってましたが、
やはり人いまくりやー!

(Canon EOS80D)

駅もごった返しており、横断歩道渡るのもかなりきつい。
まずはお腹も空いたので、出店や川の周辺で食べるのは鼻っから諦め、
ラーメンを食べることに。

(Canon EOS80D)

塩ラーメン推しなお店に。
なにやら美味しそうな予感。

店内には海苔や昆布、梅ペーストなどいろいろラーメンに入れるものが充実しており、
そこがとても良かった。
海苔好きなのでほぼ食べ尽くした。
(FUJIFILM X-E3)

そしてラーメンは・・・味噌!なんでやねん!
しびれ味噌とかいう辛いものをチョイス。
辛すぎて正直失敗だった。。。美味しいは美味しいんやけど。
(FUJIFILM X-E3)

一緒に行った仲間が塩のつけ麺を選んでくれたので、
そちらもいただく。
うん、塩の方が美味しかったかも。
梅ペーストがよく合う。
次は塩ラーメンでまた来たい。



いよいよ桜へ

腹ごしらえも終え、いよいよ桜へ。

(FUJIFILM X-E3)

(FUJIFILM X-E3)

(FUJIFILM X-E3)

(Canon EOS80D)

桜咲いてるね!良い感じやね!!

しかし人いまくりで順路とか決められちゃって、
人波に合わせての移動です。

(Canon EOS80D)

(FUJIFILM X-E3)

似たような写真を・・・
やっぱり色は富士フイルムかな。
画質は単焦点の分、富士の方が物理的にも有利だとは思ってます。



望遠ならではの構図

キヤノンは今回、高倍率ズームレンズなので、
望遠撮影ができるのがメリット。

(Canon EOS80D)

(Canon EOS80D)

動物好きの自分としては、鳩なんかいたらすぐ撮影対象に。
良い感じです。良い顔してます。

(Canon EOS80D)

橋からの風景はこんな感じ。

(Canon EOS80D)

(Canon EOS80D)

屋台もありました。こんなに人いるととても買う気になれない。
というよりラーメンが重かった・・・。

提灯が名物ですよねー。



帰りも人混み

まぁ満足したので戻ろうか、と思っても当然人混み。
ここでまた似たような構図で撮り比べ。

(FUJIFILM X-E3)

(Canon EOS80D)

キヤノン暗すぎたかな・・・
やはりこういった構図ならX-E3の方が絵になるなぁと。

電車とともに

電車も一緒に写せるスポットがあったので、
ここでも撮り比べ。

(Canon EOS80D)


(FUJIFILM X-E3)



<まとめ>桜最高!カメラ2台持ちも便利で良い!

以上撮り比べでした。
参考になれば幸いです。

やってみた感想としては、
<X-E3>
・やっぱ富士フイルムは色が良い
・単焦点レンズ綺麗
<EOS80D>
・望遠ズームできると撮影の幅が広がる
・キヤノンもシチュエーションにもよるが、良い色、雰囲気出してくる

という感じ。
そして何より、
・2台持ちで焦点距離の違うレンズセットは超便利!
です。

こういった人混みだとレンズ交換なんてなかなか難しいし、
何か一つに絞るのも難しいところなので、
2台で近距離と遠距離で使い分けできるのはとても便利かなと。

どちらかを近距離、遠距離使用にそれぞれ特化させられれば
良いかなと思う。
そうなると動体に強いキヤノンが望遠かな・・・

やっぱりフォーカスポイントの移動は
どうしてもキヤノンに軍配があがるなぁと感じる今日この頃・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする