ミニマリスト目指してものを減らした今、改めて欲しいもの・・・

5月末で会社を辞め、厳密には6月丸々有給を頂き、7月から今の外資企業に勤めているのですが、6月の1ヶ月で取り組んだのが、「ミニマル化」です。

このブログもミニマリストになるために、その活動記録を取りながら、自分を奮い立たせるのが目的でした。(6月、たくさん日記的なミニマリスト計画記事投稿があるのでぜひ参照ください)

 

そんなこんなで今は概ねこんな感じなのです。

まぁこれではミニマリストは名乗れないと思いますが、これでも過去に比べると色々減ってます。

最初はこんな感じでした。(第二次ミニマリスト計画着手前)

見た目上大きなもので捨てたのは、

  • 机(手前にあるやつ)
  • 棚(テレビが乗ってるやつ)

で、今改めて欲しいのは「机」です。

捨てて買ってでなんだかもったいないですが、以下買いたくなってしまっている理由です。

 

目次

ちゃぶ台だと腰が痛い

独立に向け、色々と錯綜する中、どうしても切り離せないのがPC作業、読書、ノートにかきかき考察です。

しかしこれはいずれも机がないと厳しい。

写真のちゃぶ台があるのですが、これだとやっぱり腰が痛いんですよ・・・

よくミニマリストの方でめちゃくちゃシンプルなちゃぶ台(ローテーブル)だけで過ごしてる方見ますが、あれは自分には無理なんだなと・・・

PC作業だけなら、ベッドに腰掛けながらなんて作業もできるのですが、これはもっと壊滅的。お勧めしません(究極の猫背になります)

 

地べたに座ってると痔になる。てかなってる。

自分はガリガリで、尻に肉がありません。そのため、長時間座ることのリスクを常に考える必要があります。

そのくせ趣味はチェロという絶望的な状況。先月5週間連続演奏会本番という荒業を行いましたが、兼ねてから痔ぎみだった肛門は完全に崩壊。尻も座っていた部分あざになってしまいました(あざはいつものこと)

追い打ちをかけるように、現在の外資企業は全国営業のため、関東圏以外は電話でのみ営業しています。すなわち以前よりも社内で座りっぱなしの状態が多くなっておるのです。

そして完全に痔なのです。

※痔の対策としては以下使ってます。こちらも治ったら、治る方法を報告します笑

まずはクッション。これなしで地べたに座るはありえません。

 

 

上記を言い訳にして作業を怠る。モチベーションが上がらない。

今勤めている外資企業は、入社1年間は試用期間という危険な状況で、場合によっては来年の6月末をもってクビも想定されます。(その前にメンタルが潰れるリスク、肛門が再起不能となるリスクも抱えています)

クビにならないよう仕事に全力に打ち込めばいいのですが、少しひねくれていて、「クビになってもいいように独立の準備もしよう!」と考えており、今色々と着手し始めています。(うまくいけたらノウハウここで共有します)

しかしその作業にはどうしてもPC作業がつきもの。やらなくてはと思うのですが、どうにも腰が重い・・・てか痛い。

そんなこんなでPC作業はカフェなどで行うことの方が多いのです。

 

自宅がカフェみたいになればよくない?

そう、カフェで作業するくらいなら、それが自宅でできればベストですよね?

ミニマリストを目指す中で、改めて悟ったのは、「ただものを減らすことが目的じゃない。ときめく居心地の良い空間にするために、不要なものをなくすんだ」ということ。

それでいくと、家具もときめくなら置いていいわけで、何もすっからかんなモデルルームなような空間を作るだけがミニマルではないと思いました。

そのためにはいい机、いい椅子が欲しいところです。

 

そうだ、机買おう(結論)

と言うことで、机を買います。

どんな机がいいかなー。考えているのは、

 

アウトドア系で折りたたみ可能なテーブル

作業スペース重視 L字デスク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる