X-pro2が急に死ぬほど欲しくなったが、気持ち一周回って「やっぱりX-E3が良いや」と思って何も買わず帰ってきた話

私はCanonのEOS80Dを持っていながら、富士フィルムに手を出すことになってしまったわけで、
富士フィルムの中でも最新のX-E3を悩みに悩んで買ったのですが、なんだか今更X-pro2が猛烈に欲しくなってきてしまったのです。

そんな葛藤と、結局X-E3で良かったという結論を見出すまでを綴ります(どうでもいい笑)

目次

X-pro2とX-E3

さて、X-pro2とX-E3とはそもそも何か。
今更ながら、富士フィルムのミラーレスカメラです。

X-pro2がフラッグシップ、X-E3はミドルクラスに値します。
つまり平たくいうと、

・X-pro2:上級者向け
・X-E3:中級者向け

の位置づけです。

なんだかX-E3だと物足りなくなってきた


なんでこんなことを言いだしたかというと、なんだかX-E3だとデジカメ感が強いというか、撮ってる感が物足りないというか、そんな気持ちになってきてしまったのが原因です。
小さくて、軽くて持ち運びもいいのですが、なんか写真を趣味にするにはあっさりしすぎているというか。

見た目もまぁかっこいいんだけども、いまいち所有欲を掻き立てられないというか・・・
もともとX-T2が欲しいと思って富士フィルムに興味を持ったのもあり、そんな中X-E3を買ったのは、少し妥協の側面も否めなかったかなと。

そこがなんか引っかかっていたんですよね。

X-pro2がいたずらにかっこよく思えてきた

ならX-T2を買えばいいのでは?とも思うところなのだが、

X-pro2の写真(本体の)を見ていると、「やばかっこいい・・・」とときめき始めてしまったのです。

例えばこれ、
http://ryuyudai.hatenablog.com/entry/2017/03/09/152030
ぼろぼろで味のあるX-pro2、こういうの超憧れるんですよ。
傷が味になっていくって、すごくいいなぁと。

いやほんまに良いなぁと。

そして駄目押しの限定カラー。今ならまだ買えます・・・。

限定とか人と被らないものが好きな自分にとっては、これって買えってこと・・・?
という気持ちに笑

あーときめくなぁ。

X-pro2とX-E3の違い

X-pro2とX-E3の違いに関していうと、実はそれほど多くなく、性能面(カメラの画質)に関してはなんと全く同じです。(なんなら新しい分X-E3の方が良いくらい)
下の機種にフラッグシップを超える性能を入れるなんて、富士フィルムは素晴らしい。
(ファームアップで、X-pro2もX-E3に並ぶ性能にはなるみたいですよ)

とは言え、それぞれの良いところをまとめてみました。

X-pro2の良いところ


・防塵防滴で本体が頑丈
・ファインダーがOVFとEVFのどちらも使いわけられる
・フラッグシップを持っているという満足感
・本体のクオリティが高い

とりあえずこんな感じかな?
ファインダー以外は所有欲というのか、メンタル面の意味合いが大きいかもしれません。
そこが悩ましいところですよね。

X-E3の良いところ


・X-pro2よりも小さくて軽い
・金額が安い
・なのにフラッグシップと画質は一緒
・ミニマリストがテーマ笑

そう、X-E3の方が理にかなってるんですよね。
画質一緒なら小さくて安い方がよくない?って。

でもそれ以外の気持ちも部分が足りていなかった・・・
そして趣味である以上、それが一番大事だったのかもしれない。

ときめき優先、買うと決めた!

実用的にはX-E3で十分OK、でもときめく生活を優先すべきではないか?
X-T2なら、また系列が違うので良いかも・・・とも思いつつも、あの味のあるアンティーク感、あれはX-pro2でしか出せない。
(動き物撮るなら80Dもあるし)

そう、趣味のため、所有欲のため、ときめきのため、そのためだけに贅沢として、わがままとして買えば良いじゃないか。
せっかく外資の企業に転職し、日々厳しい環境に置かれながら、ただ「年収上がった」では意味ないじゃないか。

ご褒美も含めて買おう。そうしよう。

自分の中で決意が固まった。

そして、おとといビックカメラでお試し。
昨日はヨドバシで限定カラーを見に行った。



実物を見てなんだか気持ちが萎える

買う気満々だった。だって決めたのだから。
金はあるのだから。

しかし、結論から言うと買わなかった。
なぜ?

実際見るとめちゃくちゃかっこいいと思えない


なんでだろう、あんなにWebで見るとときめくのに。実際見るとそこまで高ぶらない・・・。
いやもちろんかっこいいんやけども、なんだかなぁ。

それならX−T2の方が良いのではないかとも思えた。
シルバーイカしてると思う。

でもこれも実用性無視してときめきのためだけに買うにしては、ときめきが足りてない。
厳しいね。

やはり撮れる写真が一緒ってのはなぁ

そしてときめき重視と言ってるのにあれだが、やっぱり性能が一緒でより小さいのを持ってるのに、わざわざ大きくて重い同じ性能のものに20万円近く出すのって、どうなの?
っていう、現実的な自分が顔を出してくる。。

お店の人にも聞いてみるも、新しいものほど性能よくて、X-pro2もようやくファームアップで今度X-E3に追いつくところなので、性能はX-E3の方が正直良いよと。
ですよね。



どんな写真が撮りたいのか。それを撮ることができる道具としてカメラを選ぶ

そんなこんなで結局買いませんでした。
なんか「欲しい!!」と思ったら買っちゃえる勢い、楽しい買い物をしたいと思っているが、なかなか難しいものです。

強いて言えば最初っからX-T2かX-pro2を買ってしまっていれば、この悩みはなかったかもしれません。
が、X-E3、店頭で比べて使ってると、なおのこと使いやすい気がしてきます。
(そら持ってるもんだし、慣れてるんやろうけどさ)

実際お金が浮いてるのは事実なので、このお金で単焦点レンズでも買うのが一番実用的かつ報われる気がします。

先日、プロのカメラマンをやってるという友人と飲む機会があったのですが、彼は言ってました。
「自分はカメラには興味がなくて。どのカメラを使うかじゃなくて、撮りたい写真を撮るためのカメラを使うだけだ」と。

まぁ確かに本来の目的を見失って、カメラが欲しい!になってしまってましたね。
(まぁ自分はカメラ自体も好きなんで良いんですけどね)

ということで、X-E3で良かったのだと、改めて思うことができました。
X-E3は、キットレンズではなく、小さい単焦点でもつけて、もっと気軽なスナップをできるようにすべきかもしれません。
単焦点レンズ、買いますわ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる