パーフェクトペンシル UFO、使用歴7年超えのレビュー

パーフェクトペンシル、それは、

それは、「書く」「消す」「削る」を一本で完結させた、完全な鉛筆

です。パーフェクトペンシルについての説明は、下記過去記事を参照ください。

あわせて読みたい
パーフェクトペンシルの種類を階級ごとに解説 「パーフェクトペンシル」をご存知でしょうか?ペンシル=鉛筆で、直訳すると「完全な鉛筆」。どういうことか? それは、「書く」「消す」「削る」を一本で完結させた、...

今回は、自分がかれこれ7年以上使っている、

パーフェクトペンシル UFO

についてレビューしたいと思います。

目次

パーフェクトペンシル UFOとは?

「パーフェクトペンシル UFO」について簡単に特徴を説明しますと、

・1万円以下で購入可能な中級モデル
・価格は比較的抑え目だが、高級感も併せ持つアルミ製の軸
・「ファーバーカステル伯爵コレクション」とは異なるデザイン(若干POP)
・軸に持つやすくするためのゴムを搭載

あたりでしょうか。

特徴解説と、UFOを買うのにおすすめな方を分析します。

・比較的安価で、高級感も併せ持つアルミ軸がちょうど良い?

本気のパーフェクトペンシル、「伯爵コレクション」は、安く買っても23,000〜40,000円程度しますので、なかなか手を出しにくい・・・

だからと言って、プラスチック製だと安っぽいし、壊れるのが嫌って方もいると思います。(ちなみに、プラスチック製のパーフェクトペンシルでも結構お高いので引くかもしれません・・・)

でも実はUFOよりもデザインは「伯爵コレクション」ですし、実際かなりかっこいいです。そして軽いので、実際使いやすさはこちらが上かもとすら思います

自分は最初こちらを使っていましたが、何度か落とした末に割れてしまいました・・・
でも普通に長年持ちましたが。(買い換えても良いかもと思うくらい気に入ってました)
一応下記に紹介しておきます。
伯爵コレクションのデザインに惚れて、より安価なものを探している方はこっちがおすすめです。

伯爵コレクションに比べて安価だが、プラスチック軸は安っぽくて嫌だ!っていうわがまま坊やには、この「UFO」がおすすめと言えるでしょう。

デザイン的に「UFO」の方が好みの方に

上に述べたように、デザインが他のパーフェクトペンシルと違って「唯一無二」です。
他の高級モデルを探しても、このUFOのデザインはUFOしかありません。

UFOの名にふさわしい天板のデザインと、持ち手の部分のゴムが特徴的で、伯爵コレクションよりもPOPな印象を与えるかと思います。

このデザインに惚れた!
このデザインのパーフェクトペンシルが欲しい!

という方は、おめでとうございます。
下記よりご購入ください笑

パーフェクトペンシル UFO(7年使用)レビュー

実際に7年以上使っているのですが、自分の現状の「UFO」を紹介します。

結構落としてしまったり、乱雑な扱いですが・・・
軸の傷はほとんど気にならないですね。
(よく見たら、細かい傷があったりはしますが、わかりにくいです)

ゴムに関しても、特に劣化も無く、問題ないです。
汗が溜まったりするので、ゴムは外して洗うのがおすすめです。
簡単に外せます。

使っている鉛筆

鉛筆は、
・三菱 Master Writing(HB)
・トンボ鉛筆 MONO100(2B)
を使っています。

個人的には三菱のMaster Writing(HB)がおすすめですかね。
ちょうど良い固さで、書き味良いです。

柔らかい鉛筆は濃く書けますが、すぐ丸くなってしまうので、しょっちゅう削らないといけないです。(削りたい欲求もあるので、それが良いってのもありますが笑)

天板

少し細かい傷が見えますが、マクロレンズで撮影しているので目立つだけで、実際は気にならないレベルで、綺麗に光ってます。

ファーバーカステルのロゴがカッコ良いです。

鉛筆削りの状態について

こちらも特に異常なしで、問題無く削れますし、破損もないです。
付け外しでゆるくなったりも特にしていないです。

万が一壊れても、鉛筆削り部分を交換することもできます。
ねじ式で簡単に取り外しできます。

こうして見るとまぁまぁ汚れてるなぁ、、
削り心地、仕上がりは買った当初からほぼ変わりないです。

実際に使ってみてどうか?

7年使ってみて、この「パーフェクトペンシルUFO」の評価を記載したいと思います。

頑丈で壊れた部分なし

まぁシンプルな構造なので当然かもですが、特に壊れた部分、異常が出たパーツはないです。
鉛筆側は消しゴム部分が取れたりしましたが、こちらは消耗品なので、いずれ新しい鉛筆になるので問題なしです。

鉛筆削りの仕上がりはまぁ妥協点

「書く」「消す」「削る」のパーフェクトペンシルですが、書く、消すは鉛筆の性能なので、パーフェクトペンシルの軸部分としては「削る」しかミッションは残されていません。

にもかかわらず、その削りの性能は、まぁ妥協点といったところで、日本の鉛筆削りには及ばないといった印象です笑

まぁ全然削れるんで不満はないです。
プラスチック製のカステル9000番に比べたら幾分綺麗に仕上がるのは認めます。

十分高級感あり、机に置くとテンションが上がる

自分は仕事でメモ書きに使っているのですが、机にこうやって立てて置いておくんですよ。(つまり使ってる時は鉛筆を持っているだけっていう笑)

でもこれがなんかすごく良いんです。かっこいいですよ。

鉛筆が短くなってきたら、エクステンダーとして使います。
これまた良い感じなので、鉛筆が短くなってきてからがより良い使い方できる感じです。

鉛筆を削る瞬間がまた・・・いい。

書物をしていて、鉛筆が丸くなってくる。
これって削るの面倒くさいと言われちゃったらそれまでなのですが、その時間がちょうど良い休憩時間、「区切り」になる感じがして良いです。

削った時の木の香りもまた・・・良いです。

そういう一手間かかる余裕というのか、それがまた良いんですよね。

名入れしたので、とても愛着がわく+金文字がカッコ良い

名前全部見せられないのですが、名入れしてます。

パーフェクトペンシル UFO 名入れ
パーフェクトペンシル UFO 名入れ

時計で一部隠して・・・こんな感じです。

たしか金色を入れてもらったと思います。
金・銀・黒・素彫り(色入れ無し)で選べたのですが、これは金にして大正解でした。

名入れは売却時などはマイナスに働きますが、個人的にはおすすめですね!

それ、なんですか?と知らない人に話しかけられる

外で使っていると、たまに

「それ、なんですか?」
「なんていう商品ですか?」

などと聞かれることがあります。(主に高齢者の方)

また、仕事で使っていると話題性もあります。
だいたい金額聞かれてドン引きされます。

でもパーフェクトペンシルが欲しい人って、そういうの好きな人しかいないでしょう?
目立ちますよ!

他のイケてる文具と使うと、より一層輝く

単体でもかっこいいですが、どうせ使うなら、他の文具もこだわりたいですね。

自分は普段はバイブルサイズの革の手帳を使っています。
ちょっと深く思考する際はクロッキーを使っていますが、こちら鉛筆と相性よくおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる