「やること」よりも「やらないこと」を決める

こんばんは、Katsuです。

100冊読破プロジェクトも諦めずやっています。

本、「財布はいますぐ捨てなさい」を読んで得たことです。

やらないことを決める

皆、「何をすれば良いのか」

ということを気にしている。

 

もちろんKatsuも同じで、

「どうやったら成功できるだろうか・・・」

と悩みに悩み生きています笑

 

しかし、著者からすれば、

成功には関係のないことを

「やらない

と決めることが重要だとのこと。

 

例えば

「月収100万円稼いで脱サラし、自由になる」

が目標ならば、その目標に必要ないことは

そぎ落としていくべきだと。

 

だから、

・テレビは見ない

・風呂にのんびり入らない

・無駄に人と会わない

という感じで、

ムダなことを徹底的にやめて、

やるべきことをやる時間をつくり、

一刻も早く行動する

 

いや確かにそうだなと思いました。

そう思えば、自分はいかに成功とは縁遠いことをして生きているのだろうかと・・・恥ずかしくなりました。

やらないことを決めると、決断する回数を減らせます。

じつは、これがすごく重要なのです。

決断するときに使う意思力は、体力と同じように、

使うと減るという性質があるそうです。

ここらへんは自分がミニマリストを目指したいと思った理由に繋がってきます。

 

そう、ミニマルになれば思考もすっきりし、余裕が出来る気がするのです。

しかしそのミニマルすら進まないこの状況は本当にまずい・・・

やらねばと思うけども、いざ物たちをみると、

「まだ使えるかな・・・」

「これは売れそうだから後で出品しよう(しかしなかなか出品できない)」

「他にもやらないといけないことがあるからなかなか手がつけられない」

なんて言い訳やめんどくささで動きが止まってしまっています・・・

 

なんとか枠を超えて、思い切ってやってしまうしかないんやろうけども・・・

来週中には絶対に革命を起こそう!

そう決意しました。(明日は演奏会本番なので、今から練習行かんと・・・これがあかんのやろうけども笑)

 

幸い1ヶ月有給があるので、多少もじもじしてても時間はある!

絶対に今月中、早い段階ではミニマル化を成し遂げてみせる!

今回読んだ本

◼︎財布はいますぐ捨てなさい

◼︎金川顕教

◼︎サンライズパブリッシング

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる