富士フイルムでキヤノンのレンズが使える!電子マウントアダプター「フリンガー(Fringer FR-FX1)」を試した結果

自分はキヤノンと富士フイルムの2マウントで悩んでいる。

キヤノンで行こう!と決意したりもしたが、やはり富士フイルムの「色」、「撮れる絵」は捨て難いのも事実・・・

「FUJIFILMはレンズが寄れない!」これが自分としてはネック・・・

本体は富士フイルム、レンズはキヤノン・・・これが理想・・・

そんな時に見つけたのが、なんと

キヤノンEFマウントレンズを、富士フイルムXマウントに使うことができる、マウントアダプター

の存在!その名も、

Fringer(フリンガー) FR-FX1

である!

こんな夢のコラボが・・・

目次

Fringer(フリンガー) FR-FX1のすごいところ

Fringer(フリンガー) FR-FX1の何がすごいのかって。

下記2点である。

オートフォーカスが使える!

そう、何と言ってもオートフォーカスが効きます!!

これは熱い!

「フリンガー 動作チェック」

とかで検索してみてください。動画もありますが、かなり良いテンポで合焦しています。

実際試してきた話は下に書きますが、ストレスないテンポで合焦します。

絞りが使える!

よくマウントアダプターって、絞り使えないみたいなのあるじゃないですか。

常に解放値的な。

こいつは違うんです!絞れます!

そしてフリンガーは2種類あるのですが、高い方のこちらであれば絞りのリングもついているので、富士フイルムレンズ同様の利用が可能!これは熱い!!

で、実際に使ってきました。その感想は・・・

スペックだけだと最高なんですよ。即買いしたい。

ただ怖いので、実際触ってきました!

ちなみに使用カメラはX-E3。

レンズは、

EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM

EF70-300mm F4-5.6L IS USM

EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

を試してきました!!

オートフォーカスのスピードは全然早くて実用レベルのスピード感!

これは動画の通りでしたね。

さすがにマクロとかはきついのですが、通常の標準レンズや、単焦点、望遠レンズでも問題なく動作します!

スピードイメージはペンタックスのオートフォーカスくらいです笑

問題はフォーカスの精度・・・

ただね。問題はオートフォーカスの精度なんです。

いわゆる後ピン前ピン?どちらかわからないですけど、合焦してもちょいボケしちゃってるんです。これはどうにも満足いかないレベルで。

つまり、ピンボケ写真が量産されてしまいます笑

理由は、富士フイルムはコントラストでAF動作しているようなのですが、それがうまく動作しなくなっちゃうようなのです(専門的な解説できなくてすみません)

なので、色味がよほどはっきりしていたりしないと、ずれちゃうようなんですよね。

(ちなみにプライスカードなどの濃い色のものを撮ってもブレてましたので、かなり厳しいかも・・・)

結論:マニュアルフォーカスするなら良いんちゃう?

というわけで、結局結論、「マニュアルフォーカスするなら良いんちゃう?」です。

オートフォーカスでの利用を目的としている方にはあんまりお勧めできないのが正直な現状かと思います。

キヤノン、富士フイルム、マウント統一問題に終止符が打てるかと思ったんやけどなぁ・・・

そううまくはいかないか。。。

でも画期的な商品だとは思うので、是非お試しの上、使えそうだと判断されたら購入してみては??

ちなみにこちら、絞りリングなしの安い方です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる