【構図が悪かった!被写体が遠すぎた!でも大丈夫】iPhoneを使ったお気軽トリミングの方法

先の記事で、XF35mmF2 R WRで撮った画像をトリミングする記事を書いたが、(XF35mmF2 R WRでトリミングすれば望遠レンズはいらない!??)iPhoneを使ってトリミングをする方法を書いておきたいと思う。

目次

まずiPhoneに画像を取り込む

富士フイルムのアプリを使って、カメラからiPhoneに写真を取り込みます。
ここは割愛します。
(説明書見るか、富士フイルムのHPで調べてください)

iPhoneの「写真」でトリミングしたい画像を選択する

iPhoneの写真アプリを起動し、トリミングしたい画像を選択します。

右上にある、「編集」を押します。

自分の思う構図にトリミングを行う

編集を押すと、こんな画面に移行します。
ここの左下のボタンを押します。

すると枠が出ますので、枠を自分の好きな構図に設定すればOKです。



完成!!

以上の作業を経まして、

こちらの画像が、


こんな感じになります。

あんまり拡大してしまうと画質が落ちますが、これぐらい解像度あれば十分トリミングも狙って行けると思います。
ズームできないレンズだったり、移動ができなくてうまく構図が取れなかったときでも諦めず、
「ここをトリミングすれば良い絵になるはず」
とトリミングを視野に入れて撮影すると、いままで諦めていたシーンでも良い作品になることもありますよ!

他にも水平にしたり、色を変えたりと簡易な編集は十分できますので、ぜひiPhoneの機能を最大限駆使してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる