FUJIFILMは単焦点使ってなんぼ!XF35mmF2 R WRを購入、最高です。

X-E3を買ってしばらく経ちました。
なんだろうか、この釈然としない感じは。

今回FUJIFILMを欲しいと思った理由は、
・画質、色がやばい
・見た目がレトロでかっこいい
という点が強く、もちろんX-E3は良いのだが、なんだかいまいち購入時に感じた「圧倒的な良さ」を感じきれずにいた。

そんな中で、X-Pro2が欲しくなってきちゃったりなんかもして。
もしかして買い物失敗か・・・と不安も感じつつあった・・・。

 

目次

意を決して単焦点レンズを買ってみることに

そこにさらにレンズを買い足すのは少し不安もあった。
いっそX-E3ごと売ってしまって、キヤノンに戻るか、はたまたX-Pro2を買ってしまうか、とも思ったが、まずは単焦点レンズでも買ってみてから考えてみようかなと。

今持っている標準レンズ(XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)だと、なんだか感動しまくるほどの写真ではないし、むしろEOS80Dよりも撮れる範囲が狭くなってしまっている(メインでEF-S18-135 IS USMを使用)ので、なんだかなぁなのである。
それに、案外でかくて重くて、軽量化を図るにしてはちょっと微妙で・・・

レンズの候補

買うなら、下記を満たしたい。
・今よりも軽量化
・今よりも高画質
・そんなに高くない

それで考えると、
XF35mmF2 R WR

XF23mmF2 R WR

この2択になるかなと。
今、フジフィルムではお年玉キャンペーン開催中なため、例えば、
・XF27mmF2.8
・XF35mmF1.4 R
・XF23mmF1.4 R
なんかもキャッシュバックあって魅力的ではあるのだけども、
XF27mmF2.8はいまいち描写が好きじゃないし、
F1.4のはでかくなってしまうので微妙かなと。



XF35mmF2 R WR か XF23mmF2 R WR か

このどちらにするかも相当悩ましかったが、XF35mmの画角の方が、
・見たままに近くて好きだった
・少し安い
・X-Pro2グラファイトのセットレンズがXF23mmだった(万が一衝動買いしたときかぶるのは避けたい笑)
ということで、35mmの方にしました。

開封の儀・内容物の確認


ささっと中身を見ていきましょう。

まぁレンズなので、内容物はそんなに多くはないです。
写真の通りですが、レンズ、レンズフード、説明書と、レンズを拭くクロスが入ってます。

 

うん、やっぱりFUJIFILMのレンズは質感がとても良い。純粋にかっこいい。
レンズカバーと蓋はくそちゃっちいけど・・・。

 

こちら、レンズフード装着した見た目です。ダサすぎます。
ダサいのもあるし、ちゃっちい。
ただのプラスチックです。

ちなみにレンズカバーも買いまして、こちらは透明度高い良いものにしました。

実際写りはめちゃくちゃ良いです

試写ですが、いくつかこのXF35mmF2 R WRにて撮影した写真をUPします。
参考いただければ。

またちゃんとした作例はUPしますが、とにかくすこぶる写り良いです。やばいです。
・色
・ボケ感
・解像度
どれを取ってもかなり高次元と言えます。

キットレンズのXF18-55mmF2.8-4 R LM OISも悪くはないんです。
何気ない風景が味になる色合いとボケ感は持っていると思うのですが、このXF35mmF2 R WRは次元が違います。
本当に何でも撮りたくなってきます。

結論、XF35mmF2 R WRもっと早く買えばよかった

もうこれに尽きます。さっさと買えばよかった。
この単焦点でやっとX-E3の本領発揮という感じです。

実際、このWR入っているシリーズあたりからがカメラ性能をしっかり引き出せるそうで、XF35mmF1.4 Rとかだと旧レンズで性能生かしきれないそうです。(ヤマダ電機のFUJIFILM好きな店員さん談)

XF23mmと性能、描写は差して変わらないので、画角の好みでどちらか選択すれば良いです。
最近はXF23mmとのセットも販売しているみたいですね。
セットで買うなら、この単焦点セットをお勧めします。

サイズ感もXF18-55mmF2.8-4 R LM OISより小さく軽くて、持ち運び楽になりました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる