パーフェクトペンシル「プラチナコーティング(ナイトブルー)」を購入したのでレビュー

やってしまいました。

ついに買ってしまいました・・・

パーフェクトペンシル プラチナコーティング(ナイトブルー)を購入してしまったので、レビューします!

めちゃんこかっこいいです。定価は3万円。

アマゾンで買いましたが、タイミングによっては楽天の方が安いと思います。

パーフェクトペンシルについては、こちらの記事をご参照くださいませ。

あわせて読みたい
パーフェクトペンシルの種類を階級ごとに解説 「パーフェクトペンシル」をご存知でしょうか?ペンシル=鉛筆で、直訳すると「完全な鉛筆」。どういうことか? それは、「書く」「消す」「削る」を一本で完結させた、...

スターリングシルバーはもっと高級、かつ重たく、経年変化があまり綺麗そうに思えなかったのでパスしました。

プラチナコーティングのレビューをさせていただきます。

目次

圧倒的に格好良いケース

早速ですが、鉛筆に3万円も出すのです。その梱包もなかなか素晴らしいものがあります。

こんなケースに入っています。

これだけでも3,000円くらいしそうです。

普通に文具入れとして機能するので、ここに入るとっておきの3本を揃える、なんてのも良いかもしれません。

ペン1本収納できる袋もついてます。

外観レビュー

なんと言っても、この外観です。

バチくそにかっこよくないですか??

このシンプルで洗礼されたプロダクト感に痺れます。

鉛筆(リフィル)はナイトブルーで、持ち手にエンボス加工があり、鉛筆単体でもかっこいいです。

使い心地はどうか

使い方自体は、他の安価なパーフェクトペンシルと全く同じです。

・書く
・消す
・削る

ができます笑

書く

鉛筆としては、少し固めで、薄めの印象です。
Hくらいのイメージでしょうか・・・

芯の減りも少なく、軸のエンボス加工が持ちやすいです。

ただ、鉛筆の後ろにパーフェクトペンシル本体をさして筆記するのは、やや難しいです。

本体が重すぎるため、かなり使い込み、リフィルが短くなった際でないと、パーフェクトペンシル本体を持って筆記するのは難しいでしょう・・・

これくらい短くなれば、パーフェクトペンシルをさしても書きやすくなります笑

消す

これも語るほどの情報はないのですが、鉛筆の後ろに消しゴムがついています。

消しやすさはなかなか良いです。

注意点は、リフィル(替えの鉛筆)には、消しゴムとキャップは付属していません。

そのため、消しゴムは外して次のリフィルに引き継いでいくスタイルになります。

もちろん変えの消しゴムは売っているので、追加購入可能です。

また、消しゴムキャップはめちゃくちゃ高いので、絶対に無くさないように気をつけましょう・・・

削る

削るに関しても、他のパーフェクトペンシル同様です。

本体の後ろ部分を外すと、シャープナーが出てきます。

これを使って、通常の鉛筆削り同様、刺して回せば削れます。

削りカスも綺麗ですね。

削った後の先はこんな感じです。

かなりエッジの効いた削りが可能ではありますが、綺麗に削れているか、ややというと疑問は残りますね・・・

3万円のプロダクトとしては、鉛筆削りのクオリティは低いと言わざるを得ないかもしれません・・・

替えの鉛筆(リフィル)について

替えの鉛筆(リフィル)も購入したので、紹介しておきます。

厚紙でできたケースですが、しっかりしており、これまた高級感あります。

5本入りです。

写真は1本すでに使い果たしたものが入っていますが、もちろん最初は5本とも未使用の状態でした。

なかなかお高いですが、消しゴム部分の作りなど見ると、やはり高くなってしまうのも頷ける作りではあります。

当然別のカラーのリフィルを購入するのもありです。

まとめ

以上、パーフェクトペンシル「プラチナコーティング(ナイトブルー)」の購入レビューでした!

やはりUFOなどの安価なパーフェクトペンシルと比較して、圧倒的に高級感があり、所有欲を満たしてくれます

使っているだけで「それ何ですか??」と知らない人に声かけられるくらいには注目されます。

スーツのポケットなどに刺していても、めちゃくちゃ映えます。

なかなか鉛筆に3万円を出すというのは勇気のいる行動ですが、その分満たされますので、お悩みの方はぜひチャレンジしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる