X-E3を持って、外苑前の銀杏並木を撮影してきた(X-E3/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS作例)

X-E3を買って、早1ヶ月・・・
小さく持ち運びが便利になったので、嬉しがってカバンに入れほぼ毎日持ち歩いているが、実際のところ営業中にいきなりカメラを取り出すのも憚られるところがあり、ほとんど写真が撮れずにいた。

しかしせっかく買ったんやしレビューも書きたい!
ということで、ちょうど外苑前と銀座に遊びにいく機会でしたので、色々撮ってきました!

作品というようなモチベーションの撮影ではないので、クオリティ、被写体選びの雑さは否めませんが、参考になればと思います。

いずれの写真も、JPEG撮って出し(加工なし)です。

外苑前の銀杏並木にて

まだ紅葉しきっていませんが、結構カメラマン含め、人いました。

ここら辺、外国っぽい雰囲気で、東京の中でも好きなスポットです。

もう少し経ったら、真っ黄色で落ち葉も増えたりして良いかもしれませんね。

 



その後銀座へ

銀座では食べ物ばかりで恐縮ですが、
ラーメンと寿司を食べましたのでその写真を・・・

 

 

買い物(前記事で書いた机の購入と、服、靴を買いました。ミニマリストは何処へやら・・・)を終え、コリドーのスペイン料理店にてパエリア、アヒージョ食べました。うまし。

 

こんな感じです。

なんでしょう、やはり色味が綺麗で、何気ない写真が作品っぽく見えるのがこのX-E3、いやFUJIFILMの魅力なんじゃないでしょうか?

あとぼけが綺麗で、写真のどこが主役なのかがすぐにわかるというか、引き立てるのがうまいですよね。

キットレンズといえども、F値もF2.8-4と優秀(明るいレンズ)で、写りもこれだけ良ければ、特別こだわりなければこのキットで完結しますね。

持ち運び便利なカメラとして買いまして、買う際はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIとも正直悩みましたが、この写りはE-M1には無理だったんじゃないかなと。
何か惹きつける魅力がX-E3の吐き出す写真にはある気がするんですよねー。

またちゃんと真面目に写真撮りに行って、作例お見せしたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる