味のある急須を使うとお茶も美味しくなる「急須マロン 根来」レビュー

私はお茶が好きです。幼少期からほぼ欠かさず毎日飲み続けています。
そんな私が急須選びに神経を使うのは当然で、「ミニマリストを目指す」などと言いながらも、急須は良いものがあれば買いたくなってしまいます。
なんならお茶、急須は趣味なので、コレクションしても良いかなと思ったりもします。

そんな中、私が愛用している急須、「マロン 根来」を紹介したいと思います。
可愛くかっこよく味のある急須でお茶を飲めば、あなたの緑茶生活はもっと有意義なものになるでしょう(何)

目次

マロンとは?

マロンとは、南部鉄器の急須で、可愛らしい小柄で丸々したデザイン、多様なカラーリングが特徴的な人気急須です。

可愛いですよね?
でも南部鉄器なのでめちゃ重です。
ただ、内部はホーロー加工されており、錆びにくく、汚れがつきにくいというメリットを持っています。(逆に鉄分が溶け出して、鉄分摂取できる・・・というようなこともないですが)

サイズ:(約)横11.5×幅9×高さ13.5cm(持ち手を立てた際)・容量300ml
重量:約700g

ガチの南部鉄器を買うには、デザイン面でも価格面でも使いやすさでも億劫・・・
でも、割れる急須ではなく、「鉄器」の急須が欲しい!
という人にはもってこいの商品です。

マロン「根来」とは?

マロン「根来」とは、上記マロンに、根来漆を塗った(会津塗)特別カラーリングです。
通常の赤色とも違い、より渋い色味で、根来漆特有の黒い模様がなんとも渋かっこいいのです。

マロンの可愛さに、この「圧倒的な渋かっこよさ」を混ぜることで、他の急須にはない味わいが出ていると私は思っています。


開封の様子

購入される方のために、どんな梱包になっているのかをお見せしたいと思います。
プレゼント等される方には参考になるのではないかと思っております。

箱について

こんな感じで、半端じゃなく渋い木箱に入っています。
プレゼントなどでもかなり高ぶらせる良い演出かと思います。

厳重に紙に包まれています。
そこから出てくる重厚なマロン、良いです。

こんな説明文が入ってます。岩手「南部鉄器」と福島「会津塗」のコラボレーションとのこと。
ありがとう東北。

実際の使用風景

実際にお茶を入れている写真UPします。
味わいを感じてください。

空の状態。内部はホーロー加工です。錆びません。

お茶っぱを入れます。今回は宇治茶の「伊藤久右衛門」かぶせ茶です。
味わい深く、良いお茶です。おすすめします。

この会津塗の赤に、緑の茶葉が映えるわけです。
この良さを感じて欲しい(何)

良い急須でお茶を入れると、お茶が美味しく感じる

以上、「マロン・根来」のレビューでした。
やはり道具にこだわり、愛着を持つと、お茶が美味しく感じます。

自分はもう一つ急須を使っています。

こちらは「茶き 急須」という、ステンレス製の急須です。
マロンよりも2倍以上容量があり、たくさんお茶を入れたい際にはこちらを使っています。

こちらもマットブラックがかっこよく、また持ち手と蓋に木を使っていて、熱くならないようにしているなど、使い勝手の配慮も素晴らしいです。
マロンと合わせて、とてもおすすめできる急須です。ご参考ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる