ポモドーロタイマー「TickTime」を買ったので、メリットでメリット解説する!

ポモドーロテクニックって知ってますか?

25分集中して、5分休憩を繰り返す・・・というやつです。

ポモドーロテクニックでなくとも、1分1秒単位で作業に取り組むことの重要性は大きく、「時給思考で物事を考える」という思考法はお勧めです。
下記書籍は時給思考を理解するのに大変有効なので、ぜひ参照ください。

その時給思考で作業を実施する際に、タイマーを使えば便利です。

タイマーといえば、キッチンタイマーのようなものを想像するかと思うのですが、それだとダサい
かといって、スマホのタイマーを使うと、さまざまな誘惑に負けて集中できない
それに、25分おきに時間を入れ直して使うのは非常に面倒です。

さて、今回はそんな悩みを解決する商品を見つけたので紹介します。


その名も「TickTime

めちゃくちゃイケてます。

目次

開封の儀:アップル製品のようなおしゃれ+シンプル

さて、まずは早速開封してみましょう。
結論から言えば、プレゼントなどでも十分耐えうる綺麗なパッケージです。

普通にパッケージおしゃれです。
一見何かわからないところも含めて・・・いい!

中身も非常にシンプルです。

梱包も綺麗です。

中身はシンプルに、

  • 本体
  • 充電コード(USB→マイクロUSB)
  • 説明書

のみです。

TickTimeの使い方

使い方は至ってシンプルです。

数字の面を上にして、水平に置くだけ

です。これだけで、記載数字の分で、カウントが始まります。

選べる分数について

TickTimeは六角形なので、6種類、デフォルトで時間が指定されています。

  • 3分
  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • 25分
  • 30分

の6種類となります。

ポモドーロテクニックで使用する25分と5分はバッチリ標準装備なのでご安心を。
カップ麺にも使える3分もあり、便利です。

指定の時間を設定することも可能

「えぇー!6種類しかないの??12分にしたいのにー!」

というわがままなあなたもご安心を。
99分99秒まで、1秒単位で時間の指定は可能です。

液晶面を上にして、

右のボタンで秒数
・左のボタンで分数

を増やすことができます。

ただ、せっかく「横にするだけですぐ使える」というのがウリのTickTimeなので、デフォルトの6種類をうまく使っていきたいですね。

裏を向けるとストップウォッチに

なんと裏を向けると、ストップウォッチになります。

ただ、液晶面を下にしてしまうため、カウントを見ながら使うことはできません

液晶面を再び上に向けると、そこで停止し、カウントが確認できます。

アラームの音は消すこともできる(5段階で調節可能)

タイマーといえば、アラームが気になるかと思います。

アラーム音は、「ピーピーピー」といういわゆるtheアラーム音が鳴ります。
ピーピーピー・・・を8回繰り返し、自動で停止します。

音量は1〜5段階+消音を選択できます
設定は、タイマーが作動中に左右のボタンを押せばOKです。

Maxに設定すれば、そこそこの音量はなりますが、8回で自動停止してしまうため、目覚まし的に使うのは危ないかもしれません

実際に使ってみてのメリット

実際に使ってみて感じたメリットを書きます!

思いついた時にすぐ使える圧倒的便利さ

これがこの商品の最大メリットというか、これしかないプロダクトなので当然ではありますが笑
何か作業前にコトッと倒しておくだけで、時間を測ってくれる気軽さはこのTickTimeならではの特徴と言えるでしょう。

机の上に置いていても映える

個人的にはこれが結構重要です。
このタイマー、圧倒的にかっこいいです。

こんなイケてるタイマー他に見たことないでしょ?
大体トマトとか茄子とかのtheキッチンタイマーが多いし。

充電式で電池交換の手間を考える必要なし

こういう小さいプロダクトあるあるとして、

電池がボタン電池で、交換が面倒!

ということがありますが、なんとこのTickTimeは充電式です。

マイクロUSBではありますが、充電して使えるのはなかなかイケてます。

音量調節ができるので、使い所を選ばない

音量を調節できるというのはなかなか良いです。
使い所によって、うるさすぎたり聞こえなかったりすることって多々あるので、気軽に変えられるのは◎でしょう。

実際に使ってみてのデメリット

次に、ややデメリットに感じた部分を書きます。
シンプルなプロダクトなので、大したネックポイントではないんですけども。

値段が高い

うん、これが一番かも。
これ結構高いんですよ。

なかなか良い値段しますよね・・・
しかし、液晶の綺麗さや、細かいギミックを考えると、そんなコスパ悪くも感じません。

タイマーとして考えると、高いと思ってしまうのは否めないかもしれない。

意外に電池が切れるのが早め、オートで電源オフにならない。

個人的に気になるのはここかも。
タイマーなり終えた後に、オートで電源オフにならないんですよ。

例えば1分間操作なければオート電源オフとかあったら便利だったかな・・・

というのも、起動するのは左右どちらかのボタン押すだけで良いんですが、消すときは両ボタン長押しで2秒くらい待たなくてはいけなくて。。これが地味に面倒なんですよね。

普通に1日以上持つけど、充電頻度が多くなるのはやや面倒かな。

外観はシルバー塗装(安っぽくはないが)

最後に、素材がプラスチックです。
製品情報見ると「アルミかな・・・?」という感じの高級感ですが、普通にシルバーとそうな感じです。

良くいえば軽い。
高級感はあるので、悪くはないですが、ステンレスとかアルミとか、素材に拘ってもらってたらもっとかっこいいなと・・・
(金額高くなっても良いので欲しい・・・!)

まとめ

以上、ポモドーロタイマーこと、「TickTime」の購入レビューでした!

買って後悔しない、優良プロダクトと言えるかと思います。
かっこいいタイマーを探しているなら、これで決まりでしょう。

ただのタイマーであるが、唯一無二の機能を持っているといえます。

傾けるだけで時間を測れる便利さ
置いていて心が踊るルックス

高額だが買う価値ありな商品です。
こいつを相棒に、仕事の生産性をぶち上げていきたいものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる