生活を変えるには環境を変えてしまうのが1番早い

外資企業に転職して2週間が経った。

研修は本当にきつかった、、

 

システムは英語、カタカナ用語が飛び交い(web系なのでなおさら言葉がわけわからん。KPIとかCPCとか)、モチベーションもかなり高いものを要求される様子正直最初の1週間で無理かと思いました。

 

今週まで研修で、テストや電話営業大会を行なっています。(テストはギリギリ合格した)

ここでやって行けるのかは少し疑問も残るが、とりあえず生活も劇的に変わった。

早起きするようになった

始まりたての2週間で、緊張感あるのもあると思うが、早く寝て早く起きるようになった。

有給期間中もそうしたいと思って、早起き心がけたが、やっぱり続かなかった。。

 

しかし、今は毎日0:00までには寝て(昨日なんて22:00に寝た)、朝5:306:30の間には必ず起きている。

そうして朝のうちに熱いシャワーを浴びて目を覚まし、洗濯したりアイロンかけたり、掃除したり、仕事の準備したりして、早めにオフィスに着くようにしている(最初の1週間は会社近くに1時間前に着くようにしていた。今週は30分前に着くくらいに調整している)

テレビを見なくなった

断捨離でテレビをつけなくなったのもあるけども、本当に見なくなった。

なので、今最新のニュースなどにはやや疎い、、

有給中はドラマ録画して見たりもしたので、それも今は完全になくなった。

 

まぁまた慣れてきたら多少は見るかもしれません。(案外ぼーっとテレビを見る時間も少しはあっても良い気がしてきた)

仕事中のスイッチが入るようになった

いや、正直仕事終わってからもそうかも。

なんか気を張っている感じというか、のんびりぼーっとする時間が限りなく減った。

 

その分当然疲れるが、気を張って生活するのってすごく良い気がする。

物事に主体的に取り組んでいるというか。

前職は慣れもあるだろうけど、ほんとにぼーっと仕事してた気がする。(まぁ入社当初は気張ってたかな

 

何にしても環境を変えると気持ちが切り替わるのは間違いない。

ただ、ものすごくしんどい

まとめ

人って変化を恐れるが、やっぱり定期的な環境変化がないと、腐れちゃうんだと思う。

NOWWORLDからNEWWORLDへ」

そんなことが書いてあったこの本の言う通り、自分を変えたければ何より環境を変えるべきなんやろうと、身をもって体感しております。この本、ためになりますよ。

しんどいけどもいずれ慣れれば良いなぁ!

 

トップ画像:フリー写真素材ぱくたそ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる