やりたいことに気づく

さて、

ミニマリストになる、と題打って続けているブログだけども、

・そもそもミニマリストになんでなろうとしているのか

・ミニマリストになるメリットって何?

ということについて触れていないので、書かせてください。

世の中のミニマリストたちに大きな影響を与えているであろう、

「人生がときめく片づけの魔法 近藤麻理恵(サンマーク出版)」

よりこんまりさんの言葉を借りながら、ミニマリストのメリットを考察したい。

ただ部屋が綺麗になってスッキリする、だけではない。

 

こんまりさんが片づけコンサルタントとして、様々な家を回った中で、

「依頼者の考え方」
「生き方」
「人生」

が大きく変わることが多々あったという。

 

例えば、

会社を辞めて起業したとか、

営業成績が上がったとか、

痩せたとか、

旦那と別れたとか、

自分のやりたいことが見つかったとか・・・

 

なんでこんなことになるのか、こんまりさんはこう解説されている。

(本より幾つか主要と思う点抜粋します)

 

片づけをしたことで「過去に片をつけた」から。その結果、人生で何が必要で何がいらないか、何をやるべきで何をやめるべきかが、はっきりと分かるようになるのです。

片づけをして部屋がさっぱりきれいになると、自然と自分の気持ちや内面に向き合わざるをえなくなります。

目をそらしていた問題に気づかされ、いやがおうでも解決せざるをえなくなる。

片づけはじめたそのときから、人生のリセットを迫られるのです

 

もはや解説不要でしょう。なるほどな、と。

これをこんまりさんは

「片づけの魔法」

と呼んでいるのです。

 

実際ある程度でもミニマル化をやってみるとわかると思います。

スッキリします。

部屋も、頭の中も。

そして今、また色々行き詰まってきたので、第二次ミニマリスト計画を行おうとしているのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる