長年愛用していたコートを捨てる・・・

長年来ていたコートがある。

もうかれこれ6年くらい使っているかもしれない。

なんだかいつまでも着れるのである。

裾がボロくなったり、すれたりすれば捨てる気にもなるのだが、なかなか丈夫で問題は特にない。

強いて言えば襟の部分は黒目かなとは思う。

でもそんなに違和感ない・・・

 

ここまで着れるならいっそ買い換えようかとも思ったが、

全く同じものをまた買い直すというのは、なんだか信条に反する部分もある。(ミニマリストがよくやる、同じシャツ、ズボンで揃える、的なことはどうにも抵抗がある・・・オシャレは楽しみたいし、ベストは常に模索したい)

そんなこんなで、これはやっぱり捨てるべきかなと、ブログを書き始める時には思っていたのだが、いざ捨てようと手に持つと、どうにも捨てがたい・・・

 

ここまで丈夫で長く着れるものをやすやすと手放すのか・・・

と思えてきてしまった!!

 

商品って不思議で、同じものでもやはりそれぞれ同じ商品でも当たり外れがあり、良いものはより良いことがあると思っている。

 

というのも前、よく着ていて気に入っていたジャケットがあったのだが。

かなり汚れてきて、いよいよ捨てようか、という時に、全く同じ服が、セール品で半額で売られていたのである。

珍しい色(小豆色)のジャケットだったこともあり、手放したくない気持ちも強かったため、

「買い換えればいいやん!」

と、セール品を試着したのだが・・・

どうにもぐっとこない。

 

いや、散々着ていたジャケットだし、真新しさがないのは当然なのだが、明らかに輝きが違うというか・・・ときめかないに尽きる。

 

そのジャケットのデザインが気に入っていたのは事実だが、それだけでなく、

「そのジャケットの中でも今着ているジャケットが良かった」

のだと感じた。

 

スピリチュアル的な気持ちも入ってきているかもしれないが、あの時あそこで出会い買ったからこそ意味があり、セール品で再会したとしてもダメなのである。

女性が、付き合っていた当時は大好きだった彼が、別れてしばらく経ち、再び出会っても全くときめかないのと同じである。(知らんけど)

そんなこんなで、捨てることを躊躇してしまっている自分がいる。

どうしよ。

 

取り合えず一旦保留か・・・

しかし買った当時、「かっこいいね」と言われることがあったのに最近全く言われないのは、やはり寿命なのか・・・

このクローゼットをよりシンプルに、ミニマルにしたいのだが。

捨てることは難しいもんだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる