「浴室には何も置かない」2日目

2日目にして、拭くのがめんどくさいと思い、桶と椅子を持ち込まずにシャワーした。

そう、つまりいらないものだったのかもしれない。

所詮めんどくさいが勝って使わなくなるレベルだったのである。

 

きっとこんなことがいろんなもので起こるんやろうな。

やはり必要以上のものに普段から囲まれているのだろう・・・

 

とりあえずボトルを拭いてしまうことだけは継続しました。

洗面所も、なるだけ水が跳ねないよう使っています。

なぜなら、拭くのがめんどくさいから。

 

ミニマルは、めんどくさいを省く作業でもあるのかもしれない。

ものが減ればその分めんどくさいことが減るのかもしれない。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる