お気に入りのコートをついに捨てた

ついに、お気に入りのコートを手放すことに決めた。

このコートは、本当に長い間着た。

確か2011くらいに買ったような・・・

なんで6年近く着たことになります。

 

すごいのは、

一向にくたびれないこと。
デザインも良かったし、まだまだ着れる、と思うとなかなか捨てられなかった。

 

ただやっぱり着る回数は年々かなり減ってきたし(昨年新しいコートを買った)、そろそろ捨てどきかなと思うけども捨てられない。

 

「こんなに長く着れるコートあるかな、今後」

なんて思ったりすると捨てられないんですよ。

 

でも、やっぱり劣化してたと思う。

いざ捨てると決めて取り出した時、やはり年月分の疲れというのか、感じ取れた気がした。

 

なんか服に無理させてしまっていたような悪い気持ちにすらなった。

 

ようやく一つ心に引っかかっていたものが捨てられた。

その勢いで、

スーツも捨てた。

次は外資でスーツじゃなくていいし、もう1つ紺のスーツがあり、そちらの方がなんだかどうしても気に入って着てしまうので、フルオーダーで作ったいいスーツだが、捨てることにした。

スーツは紺のお気に入りと、礼服(黒スーツ)もあり、本当はここも統一したいところなのだが・・・

演奏会で礼服は必要なため悩ましい。。

しかしスーツなんてほとんど着ないしなぁ・・・

黒スーツですべてまかなえればいいなぁ・・・。

今度かっこいい黒無地のオーダースーツを

作っても良いかなぁと思いました。

 

これで少し、クローゼットがスッキリしましたよ。

この調子でバンバンいきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる