【作例】EF100mm F2.8L マクロ IS USMでどんな写真が撮れるのか

さて、以前レビューした「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」の実際の作例を紹介したい。
以前、新宿御苑の中の温室内の植物を撮った写真です。



目次

マクロで植物園はかなり楽しい

植物園って、なんかただ行ってもさして面白くない印象だったのだが(失礼)、マクロレンズがあればかなり楽しめる。
通常のレンズだと「綺麗だね」で終わるものが、マクロレンズなら「なにやら作品っぽい」雰囲気出せてるかなと思うのですが、どうでしょう?

肉眼では良さに気がつかないような、葉っぱの模様などを楽しめるのも良い。

そしてこのボケ感ですよ。
F値2.8と明るいレンズ+寄れるので、ボケ感はMAX感じられるかと。

シャープな絵作り

そしてこのレンズ、単焦点として普通に優秀で、シャープな絵作りもウリかと。



やっぱEF100mm F2.8L マクロ IS USM、良い。

我ながらイケてる写真も撮れたのかなと。
植物園にはマクロレンズを持って行こう。必達ですねこれは。

マクロレンズならなんでも良いかもしれないけど、キヤノンのEF100mm F2.8L マクロ IS USMはやはり、
・ハイブリッドISによるシフトブレ対応
がデカイんかなと。

富士フィルムであれば、最近出たこいつかな?

なんか振ると「かたかた」言うんよね。キヤノンの方が良い感じと思う。

マクロ持ってない人はぜひシフトブレ対応のマクロレンズを買ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

外資企業で広告営業をしながら、ミニマリスト、チェロ、カメラ、コケリウムなどに興味を持って生きている。自称ネイチャー系フォトグラファー。
営業では全国売上1位を獲得、チェロは各団体より依頼を受け演奏するなど、そこそこ活躍している。
最近は投資も熱心に取り組む(不動産、株)
カメラ、コケリウムでも活躍の幅を広げたい今日この頃。

コメント

コメントする

目次
閉じる