座れるキャリー「ZUCA FLYER Travel」レビュー ~出張/旅行の頼れる相棒~

ミニマリスト
スポンサーリンク

自分は今九州担当で、月に2〜3回、計5〜12日ほど出張しています。

3泊くらいするとなるとさすがにキャリーバッグが欲しいところ・・・

いろんなキャリーを探してきましたが、一番最強なのはこの

「ZUCA FLYER Travel」

と結論が出たのでレビューします。

スポンサーリンク

ZUCA FLYER Travelがなぜ出張(旅行)に良いのか

ここからZÜCA FLYER Travelの良いところと悪いところ書いていきます。

しっかり入る収納力

今回の出張の持ち物

自分はミニマリスト目指しているのもありやや荷物少なめな人ではありますが、2〜3泊なら一般の方で困ることはまずないでしょう。

小分けのパッキングバッグが6つ入っており、全部にパンパンに荷物詰め込むと、ちょうどZUCA内も満杯になります。

このパッキングが良くて、散らからずに綺麗に荷物を運べます。

コーデュラナイロンなので、融通がきく

いわゆるキャリーってポリカーボのかっちりしたやつとかが多いじゃないですか。

こういうやつ

ZUCAはコーデュラナイロン製なので、多少詰め込んで膨らんだり、形がいびつなものでも頑張れば入ります。これって結構便利。

こんな感じで差し込めます。

ここのポケットでペットボトルとかも入ります。

ポケットが多くて便利

どこに何入れたか忘れるくらい、ファスナーポケットが充実しています。

おもて面にはPCや書類が入ったり、

その裏もファスナーポケットで仕切りがあります。

写真の部分は縦と横の二重ファスナー構造になっています。

全面フルオープンできるので、場所を取らずに出し入れ可能

これズーカの良いところで大きく取り上げたい。

ズーカと言っても特に「FLYER Travel」のメリットと思います。

ハッチフルオープンできます。

ちょっとかっこいい・・・

こんな感じで。

欲しいもの上の方や出し入れしやすいポケットに入れておけば、中国人観光客のような店開きをせずともその場でスマートに出し入れができます。これは本当に良い。

パッキングされてるので、中のものが崩れることもないんでね。

イケてる見た目

これは人によってメリットデメリット分かれるかもだけど・・・

見た目がいかつすぎます。かっこいいです。目立ちます。

「すごいキャリーですね・・・」とお客さんに85%くらいの確率で言われます。

会社ではR2D2と言われています。

どこでも座れる

忘れるところでした。座れます笑

これもかなりのメリットで。例えば、

・新幹線で車両の間スペースで座る(指定席買わなくとも行けちゃう)
・喫茶店に入るまででもないちょっとした時間で座って仕事できる
・バスとか電車とか待つ際、好きな場所で座れる

みたいな感じですね。

特に自分は出張先で仕事する際に、ちょっとした商業施設とか入って、広めの空間の端っこで座ってPC打てたりするのはめちゃ助かります!

15分とか30分とかだとカフェ探す間に時間なくなるし、訪問企業先の近くで軽く座って作業できるのは本当に良い!

座り心地は良いとは言えないので、ガチで長時間座るならクッションとかあったほうが良いです。

ちなみに公式のクッションもあります。

ホイールが静かすぎて感動

これもかなり良い点。

ホイールがめちゃくちゃ静かです。がたがた言わないです。これは本当にすごい。

通常のキャリーだとアスファルト結構な音して恥ずかしいじゃないですか。
うるさいですよね。

ZUCAのホイールはマジで静かです。これだけでも採用価値あるなと。

他のキャリーのホイールもこれに変えたいですほんまに。
あとキックボードのホイールマジでこれに変えたい・・・無理なんかな・・・?

各所作りがしっかりしている

ズーカ、結構お値段高いじゃないですか。でもそれだけのことはあるクオリティです。

例えばハンドルとか、すごくしっかりして安定感あります。

がたつきとかないです。

とりあえず使い始めてかれこれ3年くらい経ってると思いますが、壊れたりは一切ないです。

機内持ち込みOKなサイズ

こんないかついルックスのズーカですが、機内持ち込みOKサイズです。

普通の国内線だと難なく持ち込めます。

座席数で変わると思いますが、3辺合計115cm以下で設計されてるので、余程小さい便とかでなければいけるでしょう。

ZUCA FLYER Travelの悪いところ

さて、まぁ褒めるだけってのもあれなんで、けなします笑

あんまり不満点ないズーカですが、強いて挙げるなら・・・を記載します。

重い

控えめに言っても重いですこれは。

「何も入れてなくてこれっすか??」って重さです。特にいわゆる軽いポリカーボのキャリーとかと比べちゃうと。

階段とか多いと疲れるっちゃ疲れますし、女性とか高齢の方だと取り回しややきついかも・・・

飛行機で機内持ち込みとかした際はかなり危険かも。自分は機内持ち込み普通にしてますけど。

車輪が2つなので、引くのが疲れる

やはり4輪に比べると取り回しがしづらいのは否めません。

特にキャリーオンでカバンを上に載せちゃうと結構疲れきます・・・

キャリーオンなしで重心が下にあれば、そこまで疲れることはないですが、カーブとかでやや取り回ししづらいのと、体に寄せておくことが難しいですね。

横広で引いてると足とぶつかって痛い時がある

慣れの問題ではありますが、ズーカフライヤーは横広なので、引いてると角が足に当たったりして痛い時があります。

しかもこのアルミ削りだしのいかついボディーなのでなおのことダメージがでかい笑

戦闘力高めなので、ぶつけたり引っ掛けたりは要注意ですね・・・。

通常盤ズーカであれば、横広じゃないので、ぶつかりにくくはありそうです。

まとめ 最高のキャリーバッグだと思う

以上、ズーカフライヤーのレビューでした。

控えめに言って最高だと思います。ほんま重いくらいですね、大きなデメリットは。

部屋に置いててもなんかインテリア感もありますし、尻に自信のある方は椅子代わりにしてしまえば結構なミニマリストできちゃうと思いますよ!

コメント